前章の続きです。
話す時は必ず相手の目を見ましょう。
目を見るのが恥ずかしければ鼻でも構いません。
キョロキョロしたり、目をそらしながら話すのは絶対にやめておきましょう。
あと、面接官の話を聞くときは、相槌を打ちながら聞くとイメージアップにつながります。
相槌をうつのはコミュニケーションの基本です。
但し、必要以上に相槌を打つのは好ましくありません。
あくまで、自然にです。
相槌をうつのも大事ですが、馴れ馴れしい態度をとるのは良くいけません。
例え面接官が若くても、大学の先輩であっても、顔見知りであっても、面接の場では立場をわきまえるべき。


あと、ここからは男性限定のテクニックを説明しましょう。
声が細くて小さい人をよく見ます。
最近の大学生にとても多いのではないでしょうか。
これは大変な損です。
面接の場だけでなく、ビジネスの場でも損してしまいます。
声は、太く低いほうが絶対にいい。
言うなれば『重低音』ですね。

情報商材レビュー評価の掲示板リンク集


どこの記事かは忘れてしまいましたが、重低音の方が『信頼できる』『仕事ができる』『頼れる』と思われる傾向があるようです。
もし自信がないのならこちらの本を読んで練習してみてください。
あるいはカラオケ屋さんに行くのも方法です。
カラオケで喉をつぶすぐらい歌いまくれば、いつのまにか良い声がだせるようになります。
ミスチルの桜井さんの話なんですが、彼は子供の頃から声が小さく細かったので、 かなり悩んでいたそうです。
しかし負けず嫌いの彼は喉を潰すぐらい練習に練習を重ねて、 今のような良い声を手に入れました。
もてるための話し方,好かれる話し方,上手な話し方のコツ

<前のページへ   次のページへ>

© 2007 転職活動で成功する方法 |
inserted by FC2 system